春色ソレイユ

使って良かったものや料理のレシピ、水耕栽培の記録を公開

水耕栽培装置(2号機)の作り方。できるだけ空気と根が触れるようにしました

f:id:haruirosoleil:20180401090800j:plain
  今、水耕で育てている「カモミール」と「わさび菜」は、根を液体肥料に浸して育てています。いろいろ調べてみると、液肥をエアーポンプや水中ポンプでエアレーションすることもあるそうです。こうすることで溶液に酸素が溶け込み、根腐れの防止や成長促進効果があるとのことでした。良さそうですので、これらの方法を使って育ててみようと思ったのですが、困ったことに我が家のベランダにはコンセントがありません。市販の薄い電源ケーブルを使えば室内からドアを通して外に出すことはできます。しかし家族にあまりいい顔はされないでしょう。

 エアレーションを使った水耕栽培を自分なりに解釈すると、空気を吹き込まなくても根と空気が触れていれば酸素を取り込んでくれるはずです。そこで頭の中にできた設計図を元に水耕栽培装置(2号機)を作ってみました。

f:id:haruirosoleil:20180401194808p:plain
 設計図はこんな感じになります。容器の中を多層にすることで空気に触れる根が増えるはずです。これを元に100円ショップで使えそうなものを購入してきました。それは、

f:id:haruirosoleil:20180401085000j:plain
トゲ付き猫避けシート

f:id:haruirosoleil:20180401085009j:plain
マイクロファイバーふきん

f:id:haruirosoleil:20180401085019j:plain
容量5Lのフードコンテナ

f:id:haruirosoleil:20180218193823j:plain
容量215mLのプラカップ

f:id:haruirosoleil:20180401180418j:plain
ハイドロボール(小粒)
になります。次は容器の中に多層を作るため、これらを加工します。

f:id:haruirosoleil:20180401085029j:plain
 まずトゲ付きシートを容器の大きさに切ります。このシートはプラスチック製ですのでニッパーで簡単に切れます。

f:id:haruirosoleil:20180401085037j:plain
 そうしたらマイクロファイバー布巾でサンドイッチをします。これを繰り返します。

f:id:haruirosoleil:20180401085047j:plain
 この大きさの容器ですと、4段分できました。予定ではこの隙間に空気が入り込み、根から酸素が吸収されます。続いて、植物を支える培地を用意します。

f:id:haruirosoleil:20180401085334j:plain
 容器の蓋にプラカップの底よりも少し大きい穴を開けます。また液肥補充用の穴も作りました。

f:id:haruirosoleil:20180401085314j:plain
 次にプラカップの底を丸く切り取ります。

f:id:haruirosoleil:20180401085240j:plain
 その穴に最上部のマイクロファイバー布巾を通します。

f:id:haruirosoleil:20180401085253j:plain
 そうしたらハイドロボールを適量流し込みます。この時、布巾でプラコップの穴をしっかりと塞がないとハイドロボールが容器の中に入ってしまうので注意が必要です。

f:id:haruirosoleil:20180401090800j:plain
 最後に藻対策として容器をアルミホイルで覆って完成です。格好は悪いですが、側面のアルミホイルが破れないように養生テープで補強をしました。また上面からの光は、家にあったアルミ蒸着シートを被せて遮断しています。これで水耕栽培装置(2号機)の完成です。

 頭の中では、根がマイクロファイバー布巾で水平方向に展開し、それが下に向かい、また布巾で水平展開.。こうなることで空気に触れる根が増えて酸素を取り込みやすい...はずです。また根の乾燥は容器が密閉されているので、それ程気にしなくて良い…はずです。全ては想像でしか語れないので、実際に使ってみて効果を確かめたいと思います。