春色ソレイユ

使って良かったものや料理のレシピ、水耕栽培の記録を公開

カモミールティーを飲んでみたくなりました。ですので種を蒔きました

f:id:haruirosoleil:20180224122329j:plain

 今週末、会社の花壇にカモミールの苗を植えました。その作業中に何故かカモミールティーが頭の中に浮かんできました。今までの人生でこのお茶は飲んだことはありません。そこで一度経験してみようと考えたのですが、出来合いの商品を買ってもあまり面白味がありません。そこでカモミールを種から育てて、自家製カモミールティーを飲むことにしました。

f:id:haruirosoleil:20180224123501j:plain
 種は会社で植えたカモミールの残り種を使います。園芸店で種を買うと一袋に使い切れない量が入っています。絶対に余らせる自信がありますので、私は入っている量が少ない100円ショップの種を利用することが多いです。2個100円でメジャーな野菜や花の種が手に入るので、少しだけ使いたい時にとても重宝しています。

 次は育て方ですが、一般的なのは種を土に蒔いて株を大きくすることです。しかし今回は「水耕栽培」で育ててみようと思います。会社のカモミールは土に植わっていますので、どちらが大きくなるか競争です。水耕栽培の装置は、下の記事と同じものを作りました。簡単に説明しますと、まずバーミキュライトを入れたプラコップと蓋に穴を開けた5L容器を用意します。5L容器に液体肥料を入れて、そこにプラコップをセットして育てます。

haruirosoleil.hatenablog.com


 カモミールの花は6月頃に咲くので、3ヶ月後には美味しいカモミールティーを飲んでいるはずです。もし口に合わなくても、白い可憐な花を愛でることができますので問題はありません。早速育ててみましょう。

2018年2月24日 種植え

f:id:haruirosoleil:20180224123437j:plain
 カモミールの種は本当に小さいです。大きさは1mm×0.3mmくらいで、息を吹きかけると飛んでしまいそうです。この種をバーミキュライトの上にぱらぱらと10粒くらい蒔きました。10日程度で発芽すると思いますので、それまでは寒さを凌ぐために部屋の中に置いておきます。

 

2018年2月28日 発芽(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20180228212630j:plain
 種を蒔いて4日目で発芽しました。芽はすごく小さく1mmくらいしかありません。

f:id:haruirosoleil:20180301203516j:plain
 芽が出ましたので、この間作った水耕栽培装置にセットしてみました。液体肥料には微粉ハイポネックスを2000倍希釈したものを使用しています。

f:id:haruirosoleil:20180301203529j:plain
 液体肥料を大体4Lを入れると、丁度良い水面の位置になりました。今までは室内に置いていましたが、明日からは日の良く当たるベランダに出そうと思います。

 

2018年3月4日 芽が出揃う(発芽から5日目)

f:id:haruirosoleil:20180304113710j:plain
 最初の種の発芽から4日程度で、全て出揃いました。1つのプラカップに付き5個くらいの芽があります。発芽した当初は目を凝らさないと見えませんでしたが、今では葉が大きくなり、緑も濃くなってきています。比較的大きく育っている苗を見ると、双葉の間に小さな本葉ができていました。

f:id:haruirosoleil:20180304120933j:plain
 偶然種が端の方で発芽し、根の状態が見えるようになっていました。写真では見にくいですが、根は地上に出ている部分の4倍の長さになっています。1mm×0.3mmくらいの種が数日でここまでの大きさになるとは驚きです。

 

2018年3月10日 本葉の展開(発芽から11日目)

f:id:haruirosoleil:20180310163218j:plain
 ほぼ全ての株から本葉が出てきています。カモミールの最初の本葉は双葉と同じ形をしているようです。一番成長の早い株をよく観察すると、次の本葉が小さく見えています。今週は暖かくなりそうなので、どんどん成長してくれるでしょう。

 

2018年3月13日 根がお茶パックを突き抜ける(発芽から14日目)

f:id:haruirosoleil:20180313203952j:plain
 夕方にプラコップの底を確認したら、根がお茶パックを突き抜けていました。地上部は1cmにも満たない大きさなのに、根は7cm以上伸びています。

 

2018年3月18日 間引き(発芽から19日目)

f:id:haruirosoleil:20180318100909j:plain
 発芽から11日目の時に『カモミールの最初の本葉は双葉と同じ形をしているようです』と書きましたが、その本葉がぐんぐん成長して剣のような形になりました。

f:id:haruirosoleil:20180318100936j:plain
 液肥を見ると糸と見間違えるほどの細い根が伸びてきています。

f:id:haruirosoleil:20180318101234j:plain
 本葉が大きくなってきましたので、間引きを行いました。この写真が間引き前です。

f:id:haruirosoleil:20180318101247j:plain
 間隔と成長度合いを考えて3株を残して間引きました。指で摘んで引き抜くと近くの株も抜けてしまうので、ハサミで根本を切ると良いでしょう。

 

2018年3月24日 2セット目の本葉が大きくなる(発芽から25日目)

f:id:haruirosoleil:20180324071904j:plain
 カモミールの苗は順調に成長して、2セット目の本葉が大きくなってきました。もう少し大きくなったら再び間引きをしようと思っています。

 

2018年3月28日 1カップ1株に仕立てる(発芽から29日目)

f:id:haruirosoleil:20180328204322j:plain
 ここ数日暖かい日が続いており、急に成長してきました。大きくなって葉同士が触れ合うようになってきたので、1カップにつき1株となるように間引きをしました。

f:id:haruirosoleil:20180328204347j:plain
 これで大きく成長してくれるはずです。

f:id:haruirosoleil:20180328202738j:plain
 根の伸び方は細かい糸状のものがたくさん出ています。よく観察すると白い根に混じって、黒く変色した根もありました。もしかしたら根腐れかもしれません。

f:id:haruirosoleil:20180328202826j:plain
 初夏のような気温とさんさんと降り注ぐ太陽の下に置いていたら、藻が生え始めました。調べてみると、藻は生えても大丈夫という情報と生えない方が良いという情報が見つかり、なんとも判断に困ることになっています。今回はこの液肥を捨て、微粉ハイポネックスを水道水で1000倍希釈したものを新しく入れ替えました。今後は藻の生えるスピードを見ながらどうするか決めようと思います。

 

2018年3月29日 根の分岐が多くなる(発芽から30日目)

f:id:haruirosoleil:20180330045321j:plain
 今までの根は麺のよう1本の状態でしたが、今日確認したところ分岐が多くなっていました。

f:id:haruirosoleil:20180330045337j:plain

f:id:haruirosoleil:20180330045331j:plain

 液肥の状態ですが、写真上のようにカモミールを育てているとほぼ透明なままです。下の写真は並行して育てている「わさび菜」で、こちらには濁りがあります。同じ材料同じ希釈倍率にも関わらずこのような差が出るのは非常に興味深いです。何が原因となっているのか気になるところです。

 

2018年4月1日 カップの縁からはみ出る(発芽から32日目)

f:id:haruirosoleil:20180401080417j:plainf:id:haruirosoleil:20180401080435j:plain
 もう何枚目の葉かは分かりませんが、とうとうカップの縁からはみ出ました。大体の高さは5cm、幅は7cmまで成長しています。

 

2018年4月8日 こんもりと成長(発芽から39日目)

f:id:haruirosoleil:20180408082036j:plain
 前回はカップの縁から出るか出ないかの大きさでした。それが7日後になると、こんもりと急激に成長しました。

f:id:haruirosoleil:20180408082225j:plain
 高さも比較にならないほど、大きくなっています。

f:id:haruirosoleil:20180408082324j:plain
 成長にともなって、根がヒゲのように伸びてきました。藻の件ですが、以前液肥を全交換しました。しかし数日後には再び緑色になってしまいましたので、これからは余り気にせず、時たま液肥を交換して対応していきたいと思います。

 

2018年4月14日 わしゃわしゃと成長(発芽から45日目)

f:id:haruirosoleil:20180414072214j:plain
 あまりにも大きくなったので、写真は屋外で撮ることにしました。株の直径は手を広げたくらいになっています。5Lの容器を使って育てていますが、この大きさだと1~2株がちょうど良かったかもしれません。

f:id:haruirosoleil:20180414072654j:plain
 この大きさで成長が終わりかと思いきや、よく観察すると脇芽がたくさん出てきています。たしかカモミールの花は先端部に付きますので、枝が増えるほど収穫量が多くなるはずです。しかし、これ以上の大きさになると過密状態になりそうです。

 

2018年4月15日 花芽を発見(発芽から46日目)

f:id:haruirosoleil:20180415181211j:plain
 一番背の高い枝に花芽が付いているのを見つけました。この数ではカモミールティーを淹れるには少ないので、他の枝にもどんどん付いてほしいです。

f:id:haruirosoleil:20180415181321j:plain
 小さくて分かりにくいですが、アブラムシが数匹いたのでピンセットで捕殺しました。アブラムシはすぐに増えるので厄介な害虫です。

 

2018年4月22日 一部の葉が黒く変色(発芽から53日目)

f:id:haruirosoleil:20180422073736j:plainf:id:haruirosoleil:20180422073745j:plainf:id:haruirosoleil:20180422073910j:plain
 あまりにも育ちすぎて、葉も根もジャングルのようになっています。カモミールの高さはとうとう30cmに到達しました。連日の暑さで結構な量の液体肥料が消費されています。

f:id:haruirosoleil:20180422073847j:plain
 花芽は成長をしていて、もう少しで咲きそうな状態になっています。

f:id:haruirosoleil:20180422074022j:plain
 よく見ると、他の枝の先にも蕾が付いていました。写真では分かりにくいですが、一部の葉の先が黒く変色しています。これ以上広がらないと良いのですが...