春色ソレイユ

使って良かったものや料理のレシピ、水耕栽培の記録を公開

水耕栽培で「わさび菜」を育て始めました。ピリッとしたサラダが食べたいです

f:id:haruirosoleil:20180218194457j:plain

 私は3年ほど前に水耕栽培でほうれん草や水菜、ラディッシュを作っていました。最近はご無沙汰していましたが、今年は自分で作った野菜でサラダを食べるべく再び水耕栽培を始めようと思います。

 水耕栽培とは書いて字の如く、土の代わりに液体肥料を使った栽培方法です。水耕栽培は土栽培よりも手軽に始められるのが特徴です。通常ですとプランターと土が必要になりますが、水耕栽培では容器と液体肥料だけなので初期投資が少なくてすみます。また土を使うと、作り終わった後にその土をどうやって処分しようか悩みます。水耕栽培の場合は液体部分は下水道に、その他は燃えるゴミに出せるので処分の手間がまるで違います。ですのでマンションのベランダでも簡単に試せます。

 肝心の育った野菜の味は、土で育ったものと変わりませんでした。きっと目隠しをして食べても水耕栽培かどうか分からないでしょう。違いと言えば大きさです。さすがに路地栽培のような株にはできませんでしたが、それでもサラダとして食べるには十分な量を収穫できました。

 今年は3年前の方法を改良して、より手軽に育てられる水耕栽培を目指そうと思います。

水耕栽培装置の作成

 今回使った水耕栽培装置の詳しい作り方は、この記事をご覧ください。以前の方法と比べて今回は蒸発防止用の蓋がありますので、水やりの回数は少なくなりそうです。

haruirosoleil.hatenablog.com

2018年2月18日 種まき

f:id:haruirosoleil:20180218194457j:plain
 今回育てるのは「わさび菜」です。わさび菜とは、からし菜を品種改良して作られたもので、ちりめん状の葉が特徴的な野菜です。名前の通り、わさびに似たピリッとした辛味があるそうです。この「わさびの風味」を感じてみたくてこの野菜を選びました。

f:id:haruirosoleil:20180218194212j:plain
 種まきの前にまず、寝床の数カ所に深さ5mmくらいの穴を掘ります。そして一穴あたり種を3粒植えて、覆土を行いました。

f:id:haruirosoleil:20180218194354j:plain
 とりあえずこれで種まきは完成です。カップの底から根が出るまでは蓋にはめずに、容器の中に入れて様子を見ようと思います。だんだん温かくなっていているとは言えまだ最高気温は10℃くらいですのて、発芽するまでは室内での管理となります。気温が低いのでちゃんと芽が出るのか心配です。

 

2018年2月23日 まだ芽は出ず

f:id:haruirosoleil:20180304112836j:plain
 さすがに気温が低すぎるのか、芽が出る気配はありません。とりあえずこのままの状態で待ってみようと思います。

 

2018年3月4日 1つ発芽

f:id:haruirosoleil:20180304112456j:plain
 種を蒔いてから2週間たちました。このところ暖かい日が続いていたせいか、1つだけ発芽をしました。種は全部で30個くらい蒔きましたので、残りはいつ頃出るのか楽しみです。

 

2018年3月10日 発芽し始める(発芽から0日目)

f:id:haruirosoleil:20180310163215j:plain
 このところ真冬の寒さが和らいだせいか、ちらほらと芽を出し始めてきました。わさび菜は寒いと発芽時期が揃わないのかもしれませんね。

 

2018年3月15日 1回目の間引き(発芽から6日目)

f:id:haruirosoleil:20180314203951j:plain
 数日前まで発芽したての黄色い葉でしたが、ここ数日の晴れと暖かさで急に育ってきました。葉も緑色になってきています。

f:id:haruirosoleil:20180315205502j:plain
 大体の種が芽を出しましたので、1回目の間引き時期です。成長度合いが良いものを残しつつ、程よい間隔になるようにいつくかの株をハサミで切り取りました。間引きをする際は、そのまま引っこ抜くと他の株まで抜けてしまう時があります。ですのでハサミを使う方法が確実でおすすめです。

 

2018年3月18日 本葉が出てきた(発芽から9日目)

f:id:haruirosoleil:20180318094744j:plain
 双葉が大きくなり、その中心部から本葉が出てきました。

f:id:haruirosoleil:20180318094838j:plain
 わさび菜の葉はちりめん状になっているのが特徴です。出てきた本葉は小さいながら、縁部分がギザギザになっているのが分かります。

f:id:haruirosoleil:20180318094849j:plain
 根もお茶パックを突き抜けてきました。細い根ではなく、思っていたよりも太いものでした。

 

2018年3月24日 本葉の成長(発芽から15日目)

f:id:haruirosoleil:20180324071150j:plain
 本葉が成長してきて、今では双葉よりも大きくなっています。前回間引きした時には、1カップにつき3株を残しました。現状では少し手狭になっていますので、さらにもう一株を間引きして2株としました。抜いたわさび菜を食べてみましたが普通の葉物野菜の味で、特別辛くはありませんでした。

 

2018年3月27日 1カップ1本に仕立てる(発芽から18日目)

f:id:haruirosoleil:20180328050314j:plain
 ここ数日20℃を超える気温のせいか成長が著しく、カップの中が狭くなってきました。今1カップにつき2株ありますので、さらに間引きをして1株にしました。

f:id:haruirosoleil:20180328050321j:plain
 ここからどのくらい大きくなるのか楽しみです。

 

2018年4月1日 双葉が役目を終える(発芽から22日目)

f:id:haruirosoleil:20180401081209j:plain

f:id:haruirosoleil:20180401081225j:plain
 毎日見ていると分かりづらいですが、写真に残しておくと前回からどれくらい成長したか一目瞭然ですね。もうそろそろ高さが4cmを超えそうです。
 一番最初に出た双葉が緑色から赤色に変化をしてきました。成長初期を支えた双葉は役目を終えて、このまま枯れ落ちるのかもしれません。

 

2018年4月8日 大きさが数倍になる(発芽から29日目)

f:id:haruirosoleil:20180408083652j:plain
 ここ最近の夏のような気温のせいか、わさび菜の成長は早いです。一週間前よりも数倍の大きさになっていることが分かります。

f:id:haruirosoleil:20180408083736j:plain
 高さもカップの縁を軽く超えました。

f:id:haruirosoleil:20180408083749j:plain
 根はお茶パックを突き抜ける数が多くなってきています。

f:id:haruirosoleil:20180408084347j:plain
 3株ある中で一番手前の1株だけは、根がまだお茶パックを突き抜けていません。そのせいか少し成長が遅い気がします。今後に期待しましょう。

 

2018年4月14日 順調に成長(発芽から35日目)

f:id:haruirosoleil:20180414081028j:plain
 わさび菜は順調に成長しています。葉が茂っているので、上から見てみると蓋の白色が見えなくるほどです。先日の強風で折れた葉があったので、ちぎって食べてみました。少しですが確かにワサビのような風味がありました。

 

2018年4月19日 葉の縁に水玉を発見(発芽から40日目)

f:id:haruirosoleil:20180421050948j:plain
 朝、わさび菜を見たら、葉の縁に小さな水玉が付いていました。雨が降っていないのに何故…と思い調べてみると、葉にある「水孔」と呼ばれる穴から出た水らしいです。この日の朝は気温が低かったので、蒸発が少なくて結果的に水玉になったのでしょう。

 

2018年4月22日 高さが20cmになる(発芽から43日目)

f:id:haruirosoleil:20180422071649j:plainf:id:haruirosoleil:20180422071731j:plain
 発芽から40日を過ぎました。葉は鮮やかな緑色になっていて、心なしか美味しそうに見えます。一番育っている株は大体20cmの高さとなりました。

f:id:haruirosoleil:20180422071742j:plain
 株元はこのようになっています。この写真だけですと、まるで大根の茎のようですね。